女性 薄毛 m字

あまり見られない女性のm字型薄毛

おでこから禿げあがるm字の薄毛は、男性に多くて女性にはあまり無いイメージがあります。女性の場合、m字の薄毛じゃなくて後頭部や頭頂部から薄毛になるタイプが多いです。しかし、女性でも男性同様にm字の薄毛に悩む人がいます。

 

男性型の薄毛の主な原因は、AGAといって男性ホルモンとの関係で髪が薄くなることです。女性にも、このAGAタイプの薄毛が見られますが、男性とは違い全体的に薄くなることが多いです。

 

女性の場合、元々こめかみの髪の毛が薄いことが原因で、歳を取るとともに症状が進んでいくことが多いようです。その症状を進ませる原因として考えられるのは、やはりパーマやカラーリングなどが大きいでしょう。

 

また、それほど生え際が気にならない人でも、長年ゴムで強く引っ張ってまとめる髪型をしていると、生え際が後退してm字になる人が多いです。お団子ヘア、ポニーテール、三つ編みなど強く皮膚を引っ張るようなヘアスタイルを良くする人は、要注意です。

女性のおでこの生え際薄毛の悩み

女性はおでこが広くて生え際が薄いと、できるヘアスタイルが限られています。広いおでこはチャームポイントにもなりますし、本人が気にし過ぎているだけで隠さなくても魅力的なこともあります。しかし、やはりこめかみや生え際が薄いと、どうしてもおでこが気になってしまいます。生え際の薄毛が気になるのは風が強い日です。おでこを隠そうとして前髪を下ろすヘアスタイルをしても、風が吹いてしまうと前髪が上がって、おでこが全開になってしまいます。

 

おでこが広いのは生まれつきのことが多いのですが、シャンプーなどが残留していたり、閉経して女性ホルモンが減少したりするとさらに悪化することもあります。生まれつきの場合は治すことは困難ですが、元々薄毛を自覚しているなら、早いうちから頭皮に負担をかけないように気を付けることが大切です。

 

また、過激なダイエットのせいでホルモンバランスが崩れてしまい、生え際が薄くなってしまった女性もいます。見た目のことばかり気にしてしまった結果、髪の毛にダメージを与えてしまうことに繋がってしまっては、元も子も有りません。薄毛を進行させないためには、一体何が大事なのかを見直す必要があります。

女性薄毛