女性 薄毛 プロペシア

女性の肥満と薄毛の関係について

薄毛で悩む男性や女性に多い「AGA(男性型脱毛症)」ですが、これに有効とされる飲み薬がある事はご存知でしょうか?最近はAGAで悩む方に向けたテレビコマーシャルなども放送されているため、もしかするとご存知の方も少なくないかもしれませんね。

 

しかし、残念なことに、このお薬はどこの病院でも女性には処方してもらえません。「AGA」に有効とされるのはプロペシア(フィナステリド)と呼ばれる飲み薬です。男性のAGAに有効なお薬としてネットで輸入品が販売されていることもありますが、女性の場合は飲んではいけないお薬とされています。

 

なぜなら、服用した女性が妊娠した場合に、胎児の生殖機能に影響を及ぼす可能性がある為です。プロペシアは処方してもらえませんが、病院で女性の薄毛について相談すると、必要であれば薄毛治療の為の飲み薬(サプリメント)や塗り薬を処方してもらえます。薄毛や抜け毛などでお悩みであれば、病院に相談してみるのも良いでしょう。間違っても自己判断でプロペシアを服用しないようににご注意下さいね。

女性の薄毛治療に、副作用はあるのでしょうか?

女性の薄毛治療で用いられる薬には、大きくわけて内服薬と外用薬(頭皮に塗るものなど)があります。男性型脱毛症(AGA)の薄毛治療に用いられる、内服薬のプロペシアは、女性で、とくに妊娠をしている方、妊娠の予定がある方、未成年に対しては副作用が報告をされているので、女性が服用する際には充分な注意が必要です。

 

医師の処方箋によって処方される、内服薬のパントガールは、成分であるビタミンB1、薬用酵母、パンテトン酸カルシウム、L−シスチンなどに過敏症がなければ、現在のところ他の薬との併用などで副作用が出たという報告は出ていません。

 

リアップの商品名で有名な、血管の拡張を促す成分のミノキシジルが含まれている外用薬を、薄毛の治療に使用する場合もあります。リアップという商品は、女性の薄毛対策用の商品も発売されています。

 

このミノキシジルはを含む外用薬は、プロピレングリーコールと呼ばれる物質が入っており、この成分に対するアレルギー反応で、頭皮がかゆくなるという副作用が出る方もいるようです。薬品には副作用が付き物ですから、お肌が弱い方、アレルギー体質がある方は外用薬、内用薬を問わず、使用する際には充分に気をつけてくださいね。

 

女性薄毛