女性 薄毛 抜け毛

女性の薄毛、出産後に抜け毛が増える

男性にも女性にも薄毛で悩む方はいらっしゃいますが、薄毛・抜け毛の症状には女性特有のものもあります。それは「分娩後脱毛症」です。これは、赤ちゃんを出産した後に大量に毛が抜けてしまい、髪の毛が全体的に薄くなってしまうという薄毛の症状です。原因は、妊娠中に多くなっていた女性ホルモンが、分娩後にまたもとの量に戻ってしまう事によります。

 

胎児にとって良い環境を作ったり成長を促したりする為に妊娠中のホルモン量が増えるのですが、女性ホルモンには髪の毛を抜けにくくするという作用もある為、通常であれば抜けていた髪の毛も保たれたままとなり、抜け毛が減少します。

 

しかし、これまで保たれていた抜けるはずの毛は、分娩後、ホルモン量が元に戻る事により一気に抜け落ちてしまうことになります。その為、大量の抜け毛となってしまうのです。分娩後脱毛症は通常であれば1年程でまた元の状態に戻りますので、あまり悩まれないようにされて下さいね。あまり悩み過ぎるとそれがストレスになってしまい、他の脱毛症を引き起こしてしまう可能性もあります。不安がある場合は医師に相談してみると良いでしょう。

まだ若い20代の方にまで増えてきている女性の薄毛

ホルモンのバランスが崩れる更年期にさしかかる年代でもない、若い20代の女性の中にも、薄毛に悩む方が増えているようです。若い20代の女性の薄毛は、若年性脱毛症と呼ばれており、加齢に伴う脱毛とは薄毛の原因も違いがあるようです。

 

まず、薄毛の原因に多いのは、女性のスタイルキープのために過度なダイエットが原因で、栄養が髪にまで行き届かないために起こる薄毛です。栄養がいきわたらないことで、髪だけでなく、お肌や爪に影響が出てくる場合もあります。

 

そして、頭皮を痛めつけるカラーリング、パーマ、ヘアスタイルをキープするために過度にヘアスタイリング剤を使用する、シャンプーで充分にスタイリング剤やトリートメントを流さないことで頭皮が炎症を起こすことが原因の薄毛もあります。

 

他にも、不規則な食生活や睡眠時間、そして血行を悪くするタバコなどの喫煙習慣が薄毛の原因となってくる場合もあります。他の年代と比較して、ヘアスタイリングの過剰、カラーやパーマの回数が多いというのも20代女性の特徴かもしれませんね。20代女性の薄毛は、30代、40代の髪にも影響を与えてしまいますので、早めに医療機関などで治療や生活改善のアドバイスをもらうことが大切ですね。

女性薄毛