薄毛 生理不順

女性ホルモンの減少による薄毛の対策は生理不順の予防から

生理不順になると薄毛になりやすくなることがあります。それは「女性ホルモン」が原因です。女性ホルモンには様々な物質がありますが、その中でも「エストロゲン」という物質は髪の毛を作り、髪の毛の成長を持続させる、という働きがあります。

 

女性ホルモンは、25歳前後がピークでそのあと少しずつ減っていきます。そのため、更年期になるとホルモンバランスが崩れ、生理不順が起き、薄毛に繋がることがあります。それではどのように対策をとればいいのでしょうか。

 

まずは生理不順を防ぐために女性ホルモンを活性化させる必要があります。それには「大豆イソフラボン」が効果的です。大豆イソフラボンはその名のとおり大豆に多く含まれているので、大豆製品を多く摂るのもいいですし、化粧品などで補うこともできます。

 

すぐには効果が期待できないかも知れませんが、続けることで効果は上がっていきます。また、生理不順が起きたら病院に行って治療を受けることも効果があるかも知れません。生理不順を予防し、薄毛も同時に予防しましょう。

育毛の効果が高い睡眠のゴールデンタイムとは

育毛には「ゴールデンタイム」があります。それは23時から深夜の2時くらいまでです。そのため、このゴールデンタイムにしっかり睡眠を摂り、栄養や血液などが育毛に集中できるように環境を整えると育毛の効果が上がります。また、髪の毛は「成長ホルモン」によって作られるので、成長ホルモンの働きも効果的にすることも大切です。成長ホルモンは、起きている間は筋肉など、髪の毛以外のことに使われてしまい、髪の毛には働いてくれませんが、寝ている間は髪の毛に働いてくれます。

 

また、就寝後約1時間でその分泌量はピークになるので、短い睡眠ではなく、できるだけ長い時間寝ることも効果があると思います。更に生活習慣を整えることも、成長ホルモンの効果を高めることができます。女性の生理不順などもストレス睡眠不足が関係していることが多いです。

 

毎日起床時刻や就寝時刻を同じにし、生活リズムを整えていくと、就寝の1時間前から成長ホルモンの分泌量が増えていくことがあります。ゴールデンタイムに少しでもいい睡眠が取れるように、今日から少しずつ環境を整えてみることがお勧めです。

女性薄毛