女性 薄毛 相談

女性の薄毛の相談は皮膚科でいいの?

女性の薄毛の場合、皮膚科に行く人多いです。しかし、女性の薄毛の原因は様々で、心因性なら心療内科が適切ですし、ホルモンバランスの乱れが原因なら婦人科受診が適切です。

 

しかし、薄毛の症状は頭皮に表れるものなので、原因がはっきりしないうちは、皮膚科を受診するのが基本です。どの皮膚科でも女性の薄毛治療に強いというわけではなく、湿疹や皮膚炎の治療はできても、薄毛治療はさっぱりということもあります。

 

そんなときには、薄毛治療を専門的に行っている医療機関を見つけるほうが良いでしょう。大学病院など大きな病院では、毛髪外来などの専門科を設置してすることが増えてきました。

 

連日毛髪外来を受診する人は多く、予約を取らないと診察してもらえないかもしれません。また、薄毛を専門としている専門クリニックも人気が高いです。薄毛の専門医師に診てもらいたいと診察を希望する女性も増えています。

 

それだけ、薄毛で悩む人が多いということなのでしょう。大学病院などは紹介状が無いといけないこともあるので、かかりつけの医師などに相談して、紹介状を書いてもらうのが良いでしょう。

女性の薄毛を隠すいろんな方法

女性の薄毛は、治療をして症状を改善したり、症状を悪化させないためにケアをしたりすることが大切ですが、それと同じぐらい隠すことも大切です。なぜなら女性には見た目の問題は大問題で、薄毛が目立つということがさらなるストレスになってしまうからです。

 

女性の薄毛を隠す方法は、男性よりもバリエーションが多いかもしれません。主な方法だと、ヘアスタイルでカバーする、ウィッグで隠す、髪の毛に振りかける粉でカバーする、増毛、帽子と様々です。

 

髪の毛にふりかける粉は男性でも良く使うする人もいますが、色のバリエーションがあまり無いのが難点です。やはり、女性はオシャレを楽しみたいので、ウィッグや髪型でカバーするのが一般的でしょう。

 

ウィッグはフルタイプもあれば、ハーフタイプもあります。ハーフタイプのウィッグとスカーフを合わせて、ヘアスタイルのバリエーションを楽しむこともできます。前髪など部分的な薄毛で悩んでいるなら、ヘアピースを利用するのもいいですね。

女性薄毛